AltspaceVRヘルプを翻訳してみた4~2Dモードについて~

692E234F-5E02-47D1-9972-98F3B3EAEC5F.png

AltspaceVRは2Dモードがあるので、Oculus Riftを持っていなくてもPCひとつで体験できますよ!

ヘルプを訳していきます。
今回は2D Clientから二つ「2D Client, General Info」と「Head look in 2D client」です。

前回まで
AltspaceVRのヘルプを翻訳してみた〜準備編〜
AltspaceVRヘルプを翻訳してみた2~既知の問題~
AltspaceVRヘルプを翻訳してみた3~UIのクリック操作が反応しない~

原文
https://altvr.zendesk.com/hc/en-us/articles/202568889-2D-Client-General-Info
https://altvr.zendesk.com/hc/en-us/articles/205095205-Head-look-in-2D-client


2Dクライアントの一般的な情報

本文
もしあなたがOculus Rift DK2のVRヘッドセットを持っていなくても、AltspaceVRの2Dモードを使えば楽しむことができます(VRモードの方がより魅力的ではありますけれども)。上記のように、操作の大部分は同じです。altトグルが加えられたこと以外は。

左のaltキーを押下すると、ルックモードとカーソルモードの間で切り替えが行われます。
ルックモードでは、マウス操作がカメラの視点を動かします(この動きはアバターの首の動きも同期しています)。
カーソルモードでは、ゲーム内のカーソル位置にテレポートすることができます。プレイヤーにカーソルを当てると、アクションバーを用いて交流することができます。

------------------------------------------------------------------------------------

2Dクライアントでの頭の向き
本文
AltspaceVRの2Dモードであなたの頭は、マウスの右クリック&ドラッグすることで回転します。


翻訳は以上です。

AltspaceVR、楽しいですよ。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック