Unityソリューションカンファレンス2015基調講演メモ-前半-

Unityソリューションカンファレンス2015に参加してきたので、基調講演のメモした内容を公開しておきます。
内容が多くなったので2回にわけて投稿します。
内容に誤りなどございましたらお知らせください。

基調講演:Unity最新情報と産業向け機能の紹介

大前広樹さん
<ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社>
伊藤周さん
<ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社>

・前世界で 500万人以上のユーザー
・Unityソリューションカンファレンスは2014から始まった
・ Unity5からはグラフィックスに力を入れている
物理ベースレンダリング
リアルタイムGI(グローバルイルミネーション)
SSRR(スクリーンスペースリアルタイムリフレクション)
Unityはもともとはモバイル向けのグラフィックだった

ベッドルームデモ

リアルタイムレンダリング
壁紙を変えたり、素材を変えたりできる
製作期間は3日間
UIに凝ったところに時間がかかったくらいで、ほぼそのまま動いた
ライトもダイナミックに

・強化されたUI
unity4.6からguiツールを強化してきた
スライダーやPie Chartsも簡単につくれる

・サービスの強化
クラウドに力を入れ始めた
Unity Analytics
ユーザー動向をリアルタイムに入手できる
店舗での案内ツールなどのドロップ率をチェック
Unity Analyticsはエディタ上のチェックボックスオンオフだけで使い始める事ができる
UNITY ANALYTICS HEATMAP
3D空間にユーザーがどこで何をしていたかを投影しグラフィカルに確認する事ができる
導入は一瞬

UNITY CLOUD BUILD
クラウドからアプリをビルドして任意のデバイスにデリバリー可能
要するにアプリの配布までをサポート
更新があった時に自動で更新されたアプリが配布される

Unityはゲームを中心に改善を行っているが、最近はそれ以外も利用が増えている
映像関係
fbx形式ではなく、頂点数がより多いAlembic形式
Alembic Importer
→ github上で公開されている
水の表現など

Unity CAD Importer
CADデータがインポート可能になる
今まではfbxを経由していたが、IGES形式のまま利用可能

OculusによるVRの今とこれから

池田輝和さん
<Oculus>

Oculus がソリューションサービスに対してどのような考えを持っているか語ります

Oculusのミッション
「あらゆる体験を、どこでも、誰とでも」
5年、10年で全世界に普及させたい

Oculusの「Rift」という製品
2016年1〜3月の間に出荷予定!!

IPD調整はデバイスを一人一人に持って頂きたいから
すべては快適な体験のために

Gear VR
2015年内販売
SAMSUNGと共同開発
技術はOculus、販売はSAMSUNG

Oculus Touch
VR空間内に手を持ち込む
来年の中頃から夏をターゲットに開発中

これらはミッションを実現するためのデバイスでしかない

Oculusのビジネスモデル
ハードウェアはできるだけ安価に販売していきたい
Oculus Platformの運営で利益を得る
開発者とユーザーの間に立ち、普及に貢献する

Riftは「ゲームデバイス」というくくりにとどまらない
Oculus video
自宅で映画館にいるように楽しめる
将来的にはスポーツ観戦なども

さらに言えばエンターテイメントだけにもとどまらない

Medium
Oculusが開発している3Dモデルのスカルプティングツール
VR空間内で物を作っていく事ができるようになる

ToyBox
VR空間内でコミュニケーションを取れる
これは我々の生活を変える可能性がある

PCは当時誰もが持つとは考えられてなかった
しかし今は誰もが持っている
VRデバイスもPCの普及のようにしたい
そしてVR体験をどこでも、誰とでもできるような環境を作っていきたい

VR酔い
・ハードウェアに起因
・コンテンツの作りに起因
知見の共有
Oculus ベストプラクティスで検索!

ハコスコによるVRビジネスの可能性

藤井直敬さん
<理化学研究所|株式会社ハコスコ>

ハコスコ社はOculusと比べると1万分の1の資本金
VRデバイスはハイエンドユーザー以外にとってまだ高い

そこで安価なVRデバイスが必要
→ハコスコ

たくさんデバイスのタイプを出しているので、用途に応じてユーザーに選んでいただきたい

軍用、研究用ハイエンドVR
民生用VR
それ以外→ハコスコ
安価でみんなが楽しめるVR体験

スマホは1台10近くするのにみんなのポケットに入っている

ハコスコは技研ベンチャー
もともとはSR
SR→現実とVRの境界をなくす
「没入快感研究所」(これすごい)


SRの社会実装のためにハコスコを始めた

デバイス、アプリ、コンテンツが連携したプラットフォームを構築しなければ、新しい価値を創造できない

必要とされる全ての要素をワンストップで提供

ハコスコはメディアである
ハコスコ自体は紙でできているので広告にも使える
初めてのオリジナルプリントはUnity
これまでに10万個出荷

コアなファンとアーティストをつなぎ、高い価値を提供
PONY CANYONさん
MVを1年以上経った今も見られている

VR体験はパーソナル
アイドルグループがあなたに向かって語りかけてくれる

360度動画共有サイトを公開

デバイス、アプリ、コンテンツのクオリティを相互に工場させる

アップロードボタンでパノラマ動画・静止画共有が簡単に

クリエイターが作成した、優れたコンテンツを販売できるようにプラットフォーム課金を整備
少額の課金でも次に作るモチベーションにつながる

環境省の環境保護啓蒙活動
石垣島の観光シミュレーション
AED訓練
津波シミュレーション

マルチユーザーが同時に体験を共有できる仕組みの提供
ハウステンボスでのホラーコンテンツ
(おもしろそう。これもSR体験)

熊本現代美術館
The Mirror
これもSR

アニメ・アイドル・Unity

天野清之さん
<面白法人カヤック>
・アイドル
HIKARU SKIRT
絶対領域拡張計画「光るスカート」

妄想キャリブレーションのPVでスカート光らせた
初のオリコン20位に

いったんUnityで展示などのシミュレーションを作る
プロジェクターの位置などの調整をUnity上で行う
オブジェクトはMayaで作った

・アニメ
細田守監督のバケモノの子展で企画開発を担当

時をかける少女の「未来で待ってるブース」
耳元で囁いてくれる
ファンの方は膝から崩れ落ちた
「エモいコンテンツ」

サマーウォーズ
よろしくお願いしまああすっ!!ブース
叫んだ声にエコーがかかったり、文字の大きさが変わったりなど
人工衛星あらましが墜落すると揺れる
振動は音響装置のボディーソニックなどを使っている
展示空間で声を出すので言いやすい配慮
入り口で聞こえるようにしたので「あ、細田守展だな」と気持ちが高まる
OZメッセージブース
作中に登場する仮想空間「OZ」の中に感想などを書き込める。
ipadと連携してる
「OZ」の方はUnityで作られている
OZのモデルはゼロから作った
モデルの影はライティングではなくテクスチャで作ったりしてる

・おおかみこどもの雨と雪
雪と雨の背比べブース

柱の傷に手をかざすと当時の二人が立体的に動く
来場者の手をKinectセンサーで検知し、作中の「花」と同じ目線で「雪」と「雨」の成長を見届けられるような自然な演出を目指して開発
画面はUnityで作っている
15000RTされた
Kinectから手の距離を取得して、OSCでUnityに送信
Live2Dで可愛くアニメーションさせられた

UnityでCADデータを利用する!

伊藤周
<ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社>
Win7以降が対象
macは対象外

・今までのCADワークフロー
3DCGソフトが別途必要
操作が複雑
メッシュの不整合
巨大メッシュの取り扱いが困難

・これからのCADワークフロー
3DCGソフトが必要無い
簡単操作(ドラックアンドドラッグ)
自動で修正処理
巨大メッシュの自動分割
形状を変えずにポリゴン削減

1.CAD Import
2.ポリゴン削減
3.自動メッシュ分割
4.メッシュ自動修正

1.CAD Import
対応フォーマット
IGES
STL
STEP(予定)
操作はドラッグアンドドロップ
色つき(IGES)

2.ポリゴン削減
NURBS
→ポリゴンで巨大すぎて読めないでは意味が無い
任意の割合に削減
形を保ちつつポリゴン削減

3.自動メッシュ分割
65000頂点ごとにメッシュを自動的に分割
(Unityでは65000頂点が最大なため)

4.メッシュ自動修正
CADでは隣り合うメッシュで法線が逆向きになることがある
それを自動的に検出して修正

aspect ratioを調整すると分割数が変わるので、Import時のメッシュの不整合を軽減することができる

利用例:自動車
本体と膨大なエアロパーツのCADデータ
カタログをiphoneを通してみるとそのパーツが組み合わさって見える(AR)

利用例:製造
稼働する機械の設計
設計時のCADデータをUnityにインポート
稼働する部分にアニメーションをつける
Oculus Riftなどで確認

医療
患部をCTスキャン
(DICOM形式)を「OsiriX無料」で読み込む
surface化

フィギュア
フィギュアのSTLデータ
インポート
OculusやiPadで閲覧が可能に

・ライセンス
アドオンライセンス
開発者一人当たり
サブスクリプション(価格未定)
Unity ProライセンスとCAD用のアドオンライセンスを買う
http://cadimporter.unity3d.jp
期間限定でα版が無料配布

・今後予定されている機能
STEPファイル対応
より直感的なUI
局所的なオブジェクトの除去
メッシュ削減の即時性
UVの自動割り当て

・質問
Q:手動で法線の向きを修正できますか?
A:なるべく自動で完結させたいので、もし自動でうまくいか無い場合は対象のデータを教えていただければ対応します

Q:コリジョンの設定は自動?
A:手動です。今後の対応は未定。

---
続きはまた次回にまとめて公開します。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック